アルバイト歴をうまくアピールするには

フリーターが面接でアピールできるのはアルバイト歴しかありません。
ですがアルバイトは職歴にはならないというのが一般的な考え方です。
アルバイトは面接でのアピールポイントにはならないのでしょうか。

結論から言うと面接ではアルバイトについてきっちりアピールすべきです。
職歴にはならないといっても、アルバイトの経験はあなたが歩んできた道であり、あなたの人柄、能力を示すものです。
ここをきちんとアピールすることで、あなたを採用するメリットを採用担当者に伝えることもできるのです。

ただし、漫然とアルバイト歴を羅列しただけではあなたの良さは採用担当者には伝わりません。
もともと採用担当者には、アルバイトは正社員などの仕事と比べれば実績としてはかなり劣るという意識があります。
それは、正社員に比べてアルバイトの仕事は一般的に責任がかなり軽いからです。
そこで、あなたの責任感や仕事への適正をうまく証明できるようなアピールをしなければいけません。

アルバイトとして有利にアピールできる点は、ひとつのアルバイトを長く続けていたということです。
これはあなたが簡単に仕事を投げ出さないということの証明になります。
どんな仕事であっても長く続けたという事実は良い印象を相手に与えます。

もうひとつ有利にアピールできるアルバイトは、志望する会社と関連が深い仕事をしていたということです。
その業界についての知識やノウハウを多少なりとも持っているため、企業側としても安心して採用できるからです。

お役立ち情報
高卒者の就職に対する心得
高卒者の強みなどを確認して就職に挑もう。

これらのように有利になるポイントを選んでアルバイトしていたことをアピールしていきましょう。