転職したのに上手くいかなくて、苦しんでしまうのはなぜなのでしょう?

 転職を考えた時、リスクを想定して行動を移すかと思いますが、それでも慣れ親しんだ職場を辞めて新しい職場へ飛び込んでいくというのはなかなか勇気がいります。転職を考える中で多くの理由を占めているうちのひとつが逃げ転職です。逃げ転職とは、人間関係や業務内容などが嫌になり転職してしまう事です。人間関係などで苦しんでいる時には、他の職場へ行けばこの苦しみからも解放されバラ色の職場環境に恵まれると思ってしまいそうですが、それはまさに「隣りの芝生は青く見える」状態です。

 でもそれは結局、職場の不満を自ら解決しようとせず、もしかしたらその職場で学べるかもしれない経験を台無しにしてしまう可能性もあるわけです。どんな職場でも人間関係のトラブルがない職場はありません。今の会社にいたって自分のプラスにはならないと思ったならば、すぐにでも転職するフットワークの軽さも大切です。でも、転職する理由として現在の職場環境が悪いから、これ一言で転職してしまうのは逃げ以外の何物でもありません。人間関係というのは「あの人がこうしてくれればいいのに」と他人を変えようとするから上手くいかないのであって、自ら変わろうとすれば相手の事を受け入れることができたり、苦手な人の見方を変えることで今まで感じていた不満を和らげることも可能です。